Desafinado ディサフィナ―ド /鈴木 輪

2020年7月30日リリース
亀吉通販(BASEショップ):7月14日~順次受付発送
店頭CDショップ:8月12日リリース(流通ディスクユニオン)

亀吉レコード(kame039)
3000円税別
鈴木輪(vo/cho)続木徹(p)⑥⑪以外,林正男(b)④⑥⑧⑨⑪~⑬,宇山満隆(ds)④⑥⑧⑨
⑪~⑬山崎洋一⑥⑪(p)上田隆志(b)①~③⑤⑦⑩⑭金子正則(ds)①~③⑤⑦⑩⑭

【録音】 2011年~2018年【Vocal録音】2019年~2020年【ミックス,マスタリング】2020年
【Recスタジオ】亀吉音楽堂 by上田隆志【カヴァーPHOTO】 山村隆彦【ヘアメイク】大森ユキ
【ビーチPHOTO】石丸智仁【ヘアメイク】マユミアヴィス at Oafu North shore
【グラフィックデザイン・プロデュース】鈴木輪

★Official web site(リニューアル!)rinsuzuki.kamekichirecord.com
FacebookTwitterInstagramBlog★Youtube
♥ 鈴木輪 Rin Suzuki アルバムディスコグラフィー・Discography
● Media情報まとめ(Radio,雑誌掲載etc,,,)こちら
しなやかに優しく心にしみるヴォーカル&ピアノトリオ。この夏、鈴木の心地良いボサノバいかがでしょうか?
良質の国産ジャズレーベルとして定評のある亀吉レコードの新譜。ヴォーカル+ピアノトリオの極上サウンド完成!2011年~2015年にリリースした鈴木輪のスロージャズ3部作 My Reverie(kame001) Blue velvet(kame009)I’ll close my eyes(kame013)はオーディオ評論家が選ぶ優秀推薦盤になり話題となった。Love Love Love Remix(kame014)に続く4年ぶりの待望のアルバム。BossaNovaを中心にベサメムーチョのようなラテン曲も取り上げ、情感豊かに歌い上げる。より深みを増した鈴木輪のヴォーカルの世界をご堪能あれ。



  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する
  • 亀吉通販


しなやかに優しく心にしみるヴォーカルとピアノトリオ!
(2020年7月 亀吉レコード kame039)
  • 【アルバム紹介】
    良質の国産ジャズレーベルとして定評のある亀吉レコードの新譜は「しなやかに優しく心にしみる鈴木輪ヴォーカルとピアノトリオの極上サウンド」Desafinado・ディサフィナ―ドだ。
    オーディオ雑誌の評論家が選ぶ優秀推薦版に選ばれた鈴木輪のスロージャズ3部作と言えば、2011年リリースの"My Reverie・マイレヴァリー、"2013年リリースの"Blue Velvet・ブルーベルベット"、 2015年リリースの"I’ll close my eyes"瞳をとじて"
    それと対照的に、ソウルフルなスタイリッシュバンドサウンド2016年リリースの"Love Love Love RE-MIXに続くまさに4年ぶりのアルバム。
    本作の特徴は夏らしいボサノバ曲がが多い。それとLatin曲2曲にジャズスタンダードナンバーを加えた全14曲。
    選曲も良く、様々な鈴木輪のヴォーカルを楽しむことが出来る。
    アルバム1曲目。イントロからワクワクするアップテンポの"Triste"や7曲目"No more blues"(Chega de Saudade)はシンプルな歌い方の中いキラリと鈴木のセンスが光る。
    そして5曲目"小舟"というタイトルで馴染み深いが、原曲のタイトルは"O Barquinho"。
    英語タイトルは"My little boat"。鈴木の歌う"小舟"が涼し気な夏の風を運んでくる。
    英語詞でこの曲を歌う歌手はフランクシナトラぐらいだろうか?
    鈴木は「英語だと(ポルトガル語より)情景が浮かびやすいからボサノバは英語で歌います。」と言う。
    アルバムタイトル曲になった2曲目" Desafinado"は鈴木の声、雰囲気にとてもマッチする曲だ。
    しなやかに優しい歌がじわじわと迫る。セルジオメンデスの楽曲、3曲目"So many stars"は特にいい。しみる曲だ。
    この曲や12曲目"My one and only love"のような曲は音域が広く難しい曲だが鈴木はしっかりとした情感をたたえている。
    4曲目"Cheek to cheekはスピード感を持って小粋にスウィング。
    そして6曲目"I can't give you anything but love、13曲目"On the sunny side of the streetはストレートな歌唱、オリジナルメロディーを大事にしながら気の利いたフェイクで軽くスウィング。
    8曲目"Dream a little dream of meのエンディングは鈴木の口笛入りだ。
    「歌よりこっちの方がよくない?」と言って、遊びで口笛を吹いてみたら「それ、いいんじゃない?」となり採用された。
    11曲目"I've got the world on a string。こういうSlowly Swingは鈴木の一番好きで得意なテンポ。ラウンジでグラスを傾けながらゆったりと聴いてみたい。
    ラテン曲の2曲は10曲目"Besame Mucho"と9曲目"Tango Lullaby"。
    "Besame Mucho"は英語詞ヴァージョン。歌い出し「♪ベサメー、べサメ―ムーチョー♪」の鈴木の歌に息をのむ。
    もう1曲のLatin曲、Larry Wayne Clarkの楽曲"Tango Lullaby"はHalie Lorenの歌唱が有名。鈴木輪のタンゴララバイもなかなか良い。
    ピアノトリオの演奏も1発録りと思えない好演奏だ。
    全曲亀吉音楽堂、上田が録音。どの曲も丁寧にミックスされ、鈴木輪の歌の魅力が十分に伝わってくる仕上がりとなっている。
    14曲目"Whatch what happens"「何が起こるか見といて!」というミシェルルグランの曲をこのアルバムのラストに持ってきた。
    円熟味が増してきた鈴木の音楽に何が起こるのか?注目するとしよう。


  • ****